santa-ga8a158906_1920

サンタクロースがいないことの証明

santa-ga8a158906_1920

子供に「サンタクロースはいないんだよ」と言って、信じてもらえなかったら困りますよね。

そんなときのために、サンタクロースが物理的に存在しえないことを証明してみたいと思います。

こんな人にオススメ
  • サンタクロースがいないことを証明したい
スポンサーリンク

サンタクロースの条件

サンタクロースがいないことを証明するために、サンタクロースの条件を定義したいと思います。

証明の条件
  • サンタクロースは世界に1人しかいない
  • サンタクロースはトナカイが引くソリに乗って移動する
  • サンタクロースは24時間で世界中の子供におもちゃを配る

証明

それでは証明していきます。

サンタクロースの仕事

まずはサンタクロースの仕事について考えていきます。

条件で定義したように、サンタクロースの仕事は世界中の子供におもちゃを配ることです。

Unicefによると、2019年時点での子供(18歳未満)の人数は約23億人です。

1世帯にいる子供の人数の平均を3人と仮定します。

中国の1世帯の子供の人数が2人なので少し多めだと思います。
これらからサンタクロースが24時間で訪問しないといけない家の数が算出できます。
23億人 ÷ 3人/世帯 ≒ 7.6億世帯

サンタクロースの移動距離

ではサンタクロースは24時間でどれくらいの距離を移動しないといけないのでしょうか。

家から家の距離の平均を11mと仮定して計算してみましょう。

40坪の土地の端から端までの距離です。
7.6億 × 11m = 83.6億m = 836万km

トナカイの移動速度

サンタクロースは24時間で76万km移動しないといけないことがわかりました。

サンタクロースはトナカイが引くソリに乗って移動します。

ではトナカイはどれくらいの速度で走らないといけないのでしょうか。

サンタクロースがプレゼントを置く時間は無視できるとして計算してみましょう。

サンタクロースはソリに乗りながらプレゼントを放り投げると思っていてください。
836万km ÷ 24時間 = 34.8万km/時 ≒ 125km/s

このスピードでトナカイが走ると・・・

サンタクロースが24時間で世界中の子供にプレゼントを配るためには、サンタクロースがプレゼントを置く時間を無視したとしても、トナカイが125km/sの速度で走らないといけないということがわかりました。

このスピードでトナカイが走るとどうなるのでしょうか。

こうなります。

 

地球の引力を振り切って宇宙に飛び出すために必要な速度を宇宙第二速度といいます。この宇宙第二速度が約11.2km/sです。

トナカイの移動速度(125km/s)は宇宙第二速度の約11倍になるため、この速度でトナカイが駆け出すと、宇宙へ飛んで行ってしまいます。

つまりサンタクロースは物理的に存在することができません。

証明完了です。

もっと数学を楽しみたい方へ!
こちらの記事がオススメです!

\夢中になれる本だけを紹介/
記事を読む

スポンサーリンク
santa-ga8a158906_1920
naze数gakuの最新情報はTwitterで配信中!
>なぜ数学を学ぶのか?

なぜ数学を学ぶのか?

数学はとても面白いし役に立ちます。
それを少しでも多く伝えれば思っています。
このサイトでは筆者が「本当に面白い」と感じた内容だけを記載しています。