atm-1524870_1920

【ATM】現金を取り忘れた場合の対処方法と実体験

atm-1524870_1920

ATMで現金3万円を引き出したのに、キャッシュカードだけ財布にしまい、現金をATMに残してきてしまいました。

今回はその後の私の行動と、現金が戻ってきた話をしたいと思います。

この記事はこんな人にオススメ!
  • ATMで現金を取り忘れた場合、どうなるのか知りたい!
  • ATMで現金を取り忘れた場合、何をすればいいのか知りたい!
スポンサーリンク

現金を引き出してから気づくまで

手持ちの現金が無くなってきたのでファミリーマートのATMで現金3万円を引き出しました。

最近はクレジットカードや電子マネーで支払うことがほとんどだからなのか、キャッシュカードだけを財布にしまいファミリーマートを立ち去ってしまいました。

 

それから約2時間後、昼食の支払いをするときに違和感を感じました。

「あれ?財布に5千円しか入っていない」

その後、ポケットやカバンをくまなく探しましたが、3万円はどこにもありません。

 

絶望でした。

最近コーヒーマシン(ネスカフェのドルチェグスト)が故障したので、新しいものの買い替えを検討していました。

次は豆を挽けるタイプにしてオリジナルブレンドのコーヒーなどを作ってしまおうかとワクワクしていました。

しかし3万円を失うということは、この夢を諦めないといけないということでした。

対処方法

とりあえずATMを利用したファミリーマートに電話をしました。

「ATMで現金を引き出したのですが、現金を取り忘れてしまいました。」

と伝えると、電話にでてくれた定員さんが非常に丁寧な対応で

「ATMには現金を取り忘れると自動で回収する機能がついています。」

「回収されたかどうかは、ご本人でないと確認ができないんです。」

「お手数をおかけしますが、当店のATMに設置されている受話器で問い合わせをしてもらえますか?」

といったことを教えてくれました。

 

私はすぐにファミリーマートに向かいました。(ここで急ぐ意味はあまりありません。)

 

ATMを確認してみると

確かに受話器がついています。今までATMをまじまじと確認したことはなかったので、このときはじめて受話器の存在に気づきました。

受話器をとると、そのままカスタマーセンター?のようなところに繋がりました。

現金を取り忘れたことを伝えると

「取り忘れた日時は?」

「明細書はありますか?」

「現金はいくらですか?」

「どこの銀行ですか?」

「銀行の口座番号を教えてください」

「お客様のお名前を教えてください」

といったことを聞かれました。

明細書は捨ててしまって無かったのですが、それ以外を答えると

「確認がとれました。お客様の現金はATMの金庫内に保管されています。」

という有難いお言葉を頂けました。

 

これでコーヒーメーカーが買える。

 

その後、返金方法として

  • 金庫内のお金を返金する:スタッフを派遣するので30分程度待たないといけない
  • 銀行口座に入金する:入金は次の銀行の営業日になる(この日は土曜日)

どちらかを選んでくださいと言われました。

 

30分待ちたくなかったので、銀行口座に入金してもらうようにお願いしました。

スポンサーリンク

返金について

次の営業日に銀行口座を確認してみました。

 

すると「24ニチ トリワスレ」と記載され、取り忘れた現金が入金されていました。

あたり前ですが、引き出すときの手数料は戻ってきませんでした。

 

スタッフを派遣してもらい、ATMの金庫に入れられたお金を取り出してもらえば、引き出し時の手数料は無駄にならないようです。

30分をとるか、308円をとるか迷うところですね。

まとめ

今回の教訓のまとめです。

  • ATMは現金を取り忘れると、自動で金庫にしまってくれる。
  • 現金を取り忘れた場合は、本人が現金を取り忘れたATMの受話器で問い合わせる必要がある。
  • 現金がATMの金庫にしまわれていた場合、スタッフを派遣してもらい、金庫から現金を取り出してもらうか、銀行口座に入金してもらうか選べる。
  • 取り忘れた現金を入金してもらうと、引き出し時の手数料は戻ってこない。

なんにせよ現金の取り忘れには注意しましょう。

 

もっと数学を楽しみたい方へ!
こちらの記事がオススメです!

\夢中になれる本だけを紹介/
記事を読む

スポンサーリンク
atm-1524870_1920
naze数gakuの最新情報はTwitterで配信中!
>なぜ数学を学ぶのか?

なぜ数学を学ぶのか?

数学はとても面白いし役に立ちます。
それを少しでも多く伝えれば思っています。
このサイトでは筆者が「本当に面白い」と感じた内容だけを記載しています。