helena-lopes-UZe35tk5UoA-unsplash

【数学のひっかけ問題】100円はどこに消えた?

helena-lopes-UZe35tk5UoA-unsplash

簡単な計算をしているだけなのに、100円が消えてしまう問題です。

どこかに間違いがあるので探してみてください。

こんな人にオススメ
  • ひっかけ問題が好き
  • 人を騙せる問題が知りたい
スポンサーリンク

問題

A君、B君、C君の3人で食事に行きました。

食事の料金は1人1000円で合計すると3000円になります。

lost_one_hundred_yen1

A君が3人分まとめて支払うことになりました。

A君はレジについたところで、500円引きのクーポンを持っていることを思い出しました。

クーポンを使って500円返金されたのですが、3人で分けることができないのでA君は困りました。そこでA君は200円ネコババして、1人100円ずつ返金することにしました。

3人は1000円払って、100円返金されたので、1人900円払ったことになります。

900円×3人=2700円、そこにA君がネコババした200円を足すと2900円になります。

lost_one_hundred_yen2

一体100円はどこに消えたのでしょうか?

問題のどこかにおかしなところがありますよ。
スポンサーリンク

解答

順番にお金の流れを追うとおかしなところは無くなります。

B君とC君がA君に1000円ずつ支払います。

lost_one_hundred_yen3

A君が店員さんに3000円支払います。

lost_one_hundred_yen8

 

店員さんがA君に500円返金します。

lost_one_hundred_yen5

A君がB君とC君に100円ずつ返金します。

lost_one_hundred_yen6

店員さんがもらったお金は2500円。

A君、B君、C君が支払った金額の合計は2500円なので、おかしなところは無くなりました。

lost_one_hundred_yen7

おかしくなった原因は3人が支払った金額(900円×3=2700円)にA君がネコババした200円を足したことです。

900円×3=2700円は支払った金額なのでマイナスの値になります。

それに対してA君がネコババした200円は増えた金額なのでプラスの値になります。

つまり、以下のような計算をしないといけないということでした。

-(900円×3)+200円=-2500円
店員さんが受け取った2500円に足すと、0になりますね。
関連記事

数学の面白いひっかけ問題を集めました。問題を理解するのは簡単ですが、きっと大人でもひっかかってしまうと思います。しっかり納得できるように、詳しい答えの解説付きです。こんな人にオススメ ひっかけ問題が好き。[…]

もっと数学を楽しみたい方へ!
こちらの記事がオススメです!

\夢中になれる本だけを紹介/
記事を読む

スポンサーリンク
helena-lopes-UZe35tk5UoA-unsplash
naze数gakuの最新情報はTwitterで配信中!
>なぜ数学を学ぶのか?

なぜ数学を学ぶのか?

数学はとても面白いし役に立ちます。
それを少しでも多く伝えれば思っています。
このサイトでは筆者が「本当に面白い」と感じた内容だけを記載しています。